介護福祉科(通学過程)

学科紹介

笑顔をふやす資格

介護福祉士という仕事

身体上、精神上の障がいがあることにより、日常生活を営むのに支障がある方に対し、その方の心身の状況に応じた支援を行います。またご家族に介護方法を助言・指導することも役割のひとつ。
まさに現場における介護のスペシャリストといえます。本校を卒業すると国家試験受験資格が取得できます。

ページトップへ

取得資格

介護福祉士国家試験受験資格

本校を卒業と同時に国家試験受験資格が取得できます。

専門士称号

本校の2年間のカリキュラムを修得することによって専門士の称号を付与することができます。
それにより、本校から4年制大学への3年次編入も可能になります。

医療的ケア基本研修修了

現場で医療的ケアを実施できます。
※ただし卒業後、現場での実地研修の修了が必要です。

レクリエーションインストラクター

レクリエーションの提案や指導をするスキルを証明する資格。
本校を卒業すると取得できます。

健康管理士一般指導員・健康管理能力検定1級

健康管理の正しい知識を身につけ、
心と体の両面から総合的な健康指導やアドバイスができるスペシャリスト 全国の専門学校(介護福祉科)で唯一の養成指定校!!

医療・福祉・建築の知識で生活サポート
福祉住環境コーディネーター

高齢者や障がい者の方ができるだけ自立し、
いきいきと生活ができる住環境を提案するアドバイザー。

心をケアするメイクアップ技法
メイクセラピー検定

単に外見をキレイにするだけでなく、
心理カウンセリングによってメンタル面もケア。

認知症ケアの知識を高める
認知症ライフパートナー

認知症の方のこれまでの人生や価値観を尊重し、本人やご家族に寄り添い、サポートできる人。

ページトップへ

授業

福祉の現場では、こころとからだの両面のケアを自信を持って実践することが必要です。
本学科ではその力を付けるために必要なカリキュラムを用意。2年間かけて座学と実技で必要なカリキュラムをバランス良く修得します。

  • 介護の基本Ⅰ

    介護福祉士を取り巻く状況や背景を理解します。また、介護の歴史や関係法規を学ぶことで、介護の意義や役割も理解し、介護実践の基本的姿勢も身につけます。

  • 認知症の理解

    認知症高齢者には、周囲の心温まる介護が必要。そのために不可欠な、認知症への正しい理解や、利用者や家族への介護的な関わり方などを習得します。

  • 人間関係とコミュニケーション

    利用者に応じたコミュニケーションについての基本的な考え方を学習し、利用者と良好な関係を築くために身につけるべき態度へ理解を深めます。

1年生(前期)時間割例
曜日 時限 1年A組 1年B組
1 生活支援技術Ⅰ -
2 生活支援技術Ⅰ -
3 こころとからだのしくみⅠ
4 人間関係とコミュニケーション
1 - -
2 - -
3 発達と老化の理解Ⅰ
4 障害の理解Ⅰ
1 - 生活支援技術Ⅰ
2 - 生活支援技術Ⅰ
3 就職支援Ⅰ
4 人間の尊厳と自立
1 認知症の理解Ⅰ
2 介護の基本Ⅰ コミュニケーション技術Ⅰ
3 コミュニケーション技術Ⅰ 介護総合演習Ⅰ
4 介護総合演習Ⅰ 介護の基本Ⅰ
1 介護過程Ⅰ 介護の基本Ⅰ
2 介護の基本Ⅰ 介護過程Ⅰ
3 - -
4 - -
本校独自のカリキュラムについて

介護の一般的なカリキュラム以外にも、本校には独自のカリキュラムがあります。
ワンランク上の専門知識・技術を学ぶものや、あたたかな人間性を育てるもの、豊かな教養を身につけるものなど、その内容はとても多彩。
深みと幅を持ったプロの育成に役立っています。

本校独自のカリキュラム 地域福祉論・社会学・家政学・レクリエーション活動援助法・就職支援・音楽

ページトップへ

学内実習紹介

ページトップへ

就職

  • 特別養護老人ホーム 52%
  • 老人養護施設 14%
  • 障がい者関係施設 7%
  • 在宅福祉関係 7%
  • 病院 8%
  • 一般企業(福祉系) 10%
  • 進学 2%

介護福祉士の活躍の場は、福祉の現場すべてといってもいいほど。老人ホームをはじめ、身体障がい者や知的障がい者などの施設、医療機関、さらには在宅の介護サービスなどまで。今後ますます需要が増えていくことはまちがいありません。

  • ・特別養護老人ホーム
  • ・老人保健施設
  • ・障がい者関係施設
  • ・在宅福祉関係
  • ・病院
  • ・一般企業(福祉系)

就職先実績はこちらをご覧ください

ページトップへ